読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年半でサラリーマン失格! だから学べたたくさんのこと

ワークスタイル研究所 所長 鈴木秀一郎公式ブログ

頭の中を整理すると出来ること

自分の口に一番近い耳は
誰の耳でしょうか?




それはもちろん

「自分の耳」

ですよね^^




ということは、自分の言葉に
一番影響されるのは、自分自身です。




コーチングを勉強したときに

”オートクライン”

というしくみなのだと学びました。




だから人は自分の言葉に教育される
ようになっているのですね。




しかし、だからといって
頭の中がきちんと整理されているか
というと、それはまた別の話です。




これだけA.I(人工知能)が発達した
と言っても、さすがにまだ人間には
追いつけません。




その処理速度で思考が巡っている
のですから、ほとんどの人の頭の中は
散らかっているのが普通でしょう。




そうすると、能力が高い人ほど
たくさんの発想に埋もれてしまって
なかなかアイデアを実現できない、と
いう矛盾した状況が生まれます。




実はそれこそが
わたくしの職場のひとつなんですね。




思考を整理し、計画に落とし込み
マラソンの伴走者のように寄り添う。




定期的に話を聴いて、
それを整理して、フィードバックする。




そうすることで、行動の優先順位や
次の行動のためにどんな準備が必要か
すべてが明確になっていきます。




人間にとって、あいまいさは
不安の原因であり、明確さは力です。




その人の持っている力を
惜しみなく発揮できる状態を作るには
適切なサポーターがいた方がいい。




何といっても、人生とは時間であり、
その時間には限りがあります。




限られた時間の中で
ひとつでも多くのアイデアが実現し、
世界が豊かになっていく。




そんなことの裏方に
自分の居場所があれば幸せです。




もしやりたいことがあるのに
ちっとも前に進まない、と悩んで
いる方は、わたくしをご活用下さい。